効率的な人材採用支援の見つけ方

人材採用支援
現在の会社では、人手不足+採用難で悩ましい状況です。今後もますます加速し、会社自体の経営に影響が出かねない状況に追い込まれるかも知れません。そこで、賃金を上げて他社に採られないようにすることや、採用活動に尽力して採用媒体にコストをかけて応募者を増やすような取り組みをしています。さて、人材採用支援サービスがあるのでしょうか。例えば面接に不慣れな人向けに面接トレーニングを行い、採用時期などを見直す採用スケジュールの策定や原点に戻り採用する人物像を再度見直すなどがあります。また、新卒からパート・アルバイトの採用まで支援が可能です。今までは良い人がいれば何名か採用していた会社が、新規事業や事業発展のために計画的に一定数の採用活動に変更したりしています。トータルで支援が受けられることで、採用になった社員の質量が上がり会社の強みとなります。

人材採用支援を効率的に活用するための活動とは

人材採用支援のサービスを受ける際には、戦略の取り決めが必要となります。新規雇用を人手不足の穴埋めとして実施していくことではなく、採用する際の育成戦略と配置戦略というビジネス戦略を、中長期ビジョンを計画し実施していくことで、会社における有益な人材の獲得できる戦略になります。そこで戦略におけるポイントがあります。1つ目は、企業が必要とする人材の明確化です。どのような事業を展開していくのか、企業目標を達成する為の戦力の育成手法の立案などです。2つ目は、オフィスの環境整備です。会社説明会などで実際に働く会社を見学することがあるかも知れません。その時にこんな会社で働きたいと思えることで応募や動機づけにつながります。このような戦略を一つひとつ立てていくことで採用支援活動も前進することでしょう。

人材採用支援の効率的な支援体制

人材採用における応募の流れとしては、新卒であれば会社説明会などで会社概要などから応募するケースが多いと思います。中途であれば、求人雑誌やWEBサイトでの会社説明や採用資格などから応募すると思います。しかし、その媒体によって人材の質や量などが異なってきます。その為に人材採用支援で、訴求ポイントの洗い出しや応募媒体の策定などの支援を受けます。その際の媒体ごとで特徴があります。ハローワークでの媒体や紙媒体やWEB媒体などがあります。それぞれにメリットとデメリットがあり、求人費用がかかることや、多く人の手に行き届きやすく幅広いターゲットへの求人が見込める。特にWEB媒体については、情報公開の幅が広く自由で、登録者へダイレクトにアプローチすることなどが良い点です。このような取り組みを行っていくことで、未来へと続く会社への人手不足による解消となるでしょう。